2016年 10月 の投稿一覧

スケルトンリフォームに必要な費用

スケルトンリフォームは、住居を骨組みの状態に戻す、全面的なリフォームです。 骨組み以外の設備や内装はすべて取り払い、新調することになります。従って通常の部分的なリに比べ、それなりに費用が掛かります。
リフォームするには見積書を出してもらうことになりますが、現地調査に入ってもらう前にウェブサイトで匿名の相談にのってくれる企業もあります。
生活者のスタイルに合わせて間取りを自由に変えることもできます。

費用は一般的に60㎡ で700万円からです。費用を抑えるのに考えられるのが、洗面化粧台やキッチンなどの設備の再利用ですが、割高になってしまうことがあります。(ユニットバスは分解が困難なため、できません。)既存のものを再利用するには、傷付けないよう取り外し、状態良く保管して、元の場所に設置するため、時間も手間も掛かるからです。
付け外しが比較的簡単なキッチンの吊り戸棚などは費用もあまりかからずに再利用ができることもあります。

また、別途必要になるのが仮住まいに掛かる費用です。100㎡以内なら着工後1カ月半が目安です。

完成からリフォームを必要とするまでの期間とリフォーム箇所

家の修繕をするためには、数十万円単位で費用が必要になりますので、かなりのお金を準備しておかなくてはなりません。
いざ修繕をしたいときにお金がなければなりませんので、計画を立てながらお金を貯めていくようにしましょう。
家が完成をしてから次にリフォームをするまでにはどのくらいの期間が開くようになるでしょうか。
まず住宅の中でもリフォームの必要性が出てくる場所としては、屋根や外壁があります。
この部分の劣化は、完成後10年あたりから劣化が見られてくるようになりますので、状態によってはその時期になればリフォームが必要になってくるようになります。
屋根に関しては、瓦なのかどうかによっても、傷み具合に差が出てきますので、年数を追うごとにチェックをしていくようにしなくてはなりません。
一戸建をいい状態で維持していくためには、まだ大丈夫だろうと過信するのではなく、状態をチェックしながら早めにリフォームを進めていく事が大切です。ぜひ近くの三重県の工務店でご相談ください。

マンションのリノベーションに必要な費用について

新築ではなく中古のマンションを購入してリノベーションをする人が増えています。中古の方が新築よりも取得するための費用が安く、さらに交通の便が良く生活環境がすでに整っていることが多いからです。中古マンションを購入してリノベーションを行っても、新築より安い場合があるので、若い人を中心にリノベーションに興味を持つ人が増えています。マンションをリノベーションするときに必要な費用は、一番多いのが1㎡あたり5~10万円をかける工事になっています。一部だけリフォームするときは500万円以下で工事をすることができますし、内装を全て交換して柱を取り除いて間取りを変更するなどの大がかりな工事を行う場合でも1000万円以内で抑えられることがほとんどです。導入する設備などにもよりますが、多くの人がリノベーションにかける費用は500万円以内になっています。内装や設備を交換しても500万円以内で抑えることができ、新築のような美しい快適な住まいを手に入れられます。

一戸建てリフォームで断熱対策。その効果と費用

一戸建てリフォームによって、断熱効果を高めることが出来ます。様々な断熱対策があります。たとえば、費用や工期がかからずに出来ることでは、窓を二重窓にすることです。エアコンの効きがよくなるため、光熱費の削減を実現することが出来ます。窓の大きさや個数によって、費用が違ってきますので、信頼出来る業者に相談をすると、見積もりを出してくれます。
家の構造に手を加える方法として、柱の間に断熱材を敷き詰めることがあげられます。比較的費用が安く出来るため、依頼しやすい方法ですが、隙間が生じることがあるため、効果を期待することには無理があります。
効果を期待するならば、外張り工法という方法があります。これは、いまある柱に、新しく資材を加えるなどして、柱の外側に断熱効果のあるものを敷く方法です。
隙間が出来ることがないため、断熱効果は期待出来ます。しかし、費用が高くかかるため、業者と相談をして、よく検討をすることが必要です。

工務店に依頼するメリットデメリット

注文住宅を新築するにあたっては設計事務所やハウスメーカー、街の工務店に依頼するといった方法がよくとられています。それぞれに特徴を持ち、目的やグレード、予算に合わせて希望にそったところで建ててもらうことになります。
街の工務店は親方中心に建築施工を行っている場合が多く、杓子定規ではなく割合に融通の利いた対応をしてくれることが多いものです。
施工の評判も良く知ることが出来、間取りも手早くまとめてくれてそれだけ手間暇がかかりません。見積書も作成してくれ追加工事費を多くとられるようなことが少ないというのはメリットとされています。
設備や材料もまとめ買いすることもあって建築費は安くあがることが多いものです。
一方木造なら木造という風にある構造までは対応できますが、鉄筋コンクリート造や鉄骨造となるとそれをこなせるのは限られたところとなります。アイデアは出してくれますが、デザイン力にはいま1つということもあるのはデメリットになるでしょう。

設計事務所に依頼するメリットデメリット

注文住宅を設計事務所に依頼すると、デザイン性の高い満足度の高い家を建てることができます。ハウスメーカーなどのローコスト住宅とは異なり、完全なオーダーメイドとなるために使用する材料ひとつひとつにこだわることができます。そのようなこだわりの内装の家に住むことで満足感の高い暮らしを実現できるのが、設計事務所に依頼するとメリットと言えます。ただし、その設計費用にはデザイン料も含まれるので、かなり高額になるのがデメリットと言えます。設計事務所によってこだわりや個性が異なるので、施主が求めるイメージを上手く実現できるところを探すのも苦労するのが難点とも言えます。例えば狭小住宅に強い事務所やナチュラルテイストの家づくりを得意とするなど、それぞれの個性をいかに把握できるかがポイントと言えます。また、設計事務所はあくまでも設計のみを行うので、実際にそれを建設できる施工会社を自分で探さなければならないのもデメリットと言えます。

断熱性のいい住宅とは

住宅を購入する際には、快適な住まいを意識することが大事です。快適な環境にはさまざまな要素がありますが、適切な温度を維持してくれる住宅が有効です。そのためには断熱性を意識するとよいです。断熱性のいい住宅とは、夏の暑い時期には外熱を遮断してくれます。冬の寒い時期には外気の冷たさを防いでくれます。適切な室温を維持するためには冷暖房設備に頼ることになりますが、断熱性能が悪ければ冷暖房の効き目も悪くなり光熱費も多くかかってしまいます。三重県の注文住宅であれば自由度の高い住宅を計画することができるので、断熱性能を高める工夫を盛り込むと快適性がアップします。屋根や基礎、壁の断熱性を高め、複層ガラスや断熱サッシを利用するなどして断熱性のいい住宅にすると室温のコントロールがしやすくなります。住宅は快適な環境だと生活がしやすく健康的です。間取りや外観も重要なポイントですが、快適性につながる断熱性についても重要なポイントです。

後悔しない住宅会社の探し方

注文住宅を新築する上で後悔しない住宅会社の選び方としては、まずモデルハウスで品質チェックをすることが挙げられます。全体のデザインなどトータル的な雰囲気を確認することができますし、メーカーごとに異なる素材の確認もできます。また建てつけなどの仕上がりをチェックすることで、職人の腕前もチェックできます。そして会社を訪問することで、スタッフ教育が徹底されているかを確認できます。高い品質の住宅を建てる会社は、全ての従業員に対しての教育が行き届いているものです。また施主の話を丁寧に聞くこと、担当者は変わることなく最後まで携わることも、しっかりとした住宅会社を選ぶポイントになります。さらに建設現場に足を運べば、そこで施工を行う職人の仕事ぶりがわかります。現場が綺麗に片付いているところは施工も丁寧ですし、高い品質が期待できます。また完成後のチェック体制をきちんと定めていることも、良い住宅会社の条件と言えます。

失敗しない資金計画

自由度の高い注文住宅の購入をされる場合、多くの方が何らかのローンを組んでいます。そこで、大切な事はそのローンの借入額が自分に適正な金額か、返済に無理は無いか、いざと言う時にでも返済する余力はあるかを考えた資金計画がきちんとできているかです。自分と似た生活環境の方が購入できたから自分も大丈夫、ではなく、自分の今後の生活にどのような変化がありその変化に対応できる資金計画になっているか、これが重要です。今後、特に住宅取得後に自分にどのような変化が起こりうるのかを考えられるだけ考える必要があり、その中には自らの家計がどのような変化があるのかも項目別に予測します。他に日常的に発生する経費以外で、長期的に見ていつ、どこで、どれくらいの出費が必要になるかもできるだけ予測します。ですから、似たような環境の方が購入できた注文住宅を自分も購入できるだろう、と言う安易な発想で返済計画を決めてしまうのではなく、大局をなるべく見極めた中で余裕を持って返済できる計画が失敗しない資金計画となります。

注文住宅の設計について

注文住宅を建てる際、依頼先の一つに「設計事務所」があります。
設計事務所に依頼した場合、以下のような利点と難点があります。
一つ目は、「コスト」。
設計と監理を一まとめにして行うことを「設計監理業務」といいますが、ハウスメーカーであれば数十万円で済むのに対し、設計事務所だと数百万円にもなります。
ハウスメーカーは基本となる仕様が決まっていますが、設計事務所では一から作る必要があるからです。
二つ目は、「デザインの自由度」。
設計事務所に依頼した場合、法令や予算以外の面では、デザインについて全く制限がありません。
それは、単純にオシャレな家を建てられるということではなく、「個々の状況に合わせた設計を、一から行える」ということです。
三つ目は、「品質」。
設計事務所に依頼した場合、手抜き工事をされにくくなります。
実際に工事を行うのは工務店などですが、その際に事務所が、上で述べた「管理業務」を行っているからです。