二世帯住宅と土地探し

二世帯住宅を建築するなら、広い敷地面積のほうが建ぺい率で有利になります。新築の場合は設計の段階で、建ぺい率と容積率を配慮して建物面積と延床面積を計算できます。注文住宅であれば、建ぺい率に含めなくても良い中二階や地価収納なども設計できるので有利です。
注文住宅の工務店によっては、理想的な土地を紹介している場合もあります。二世帯住宅は建売分譲の物件数が少ないので、注文住宅で新築するのが有利です。建売分譲で延床面積の広い物件もありますが、二世帯同居に最適とは限りません。注文住宅で二世帯同居を前提にして設計したほうが、快適に暮らせる住まいになります。
理想的な敷地面積としては、新築する一戸建ての延床面積を基準にして、希望する延床面積を実現できる建ぺい率で算出すると良いでしょう。土地探しで注意したいのが、区画整理された土地物件の場合です。土地の敷地面積が広くても、建ぺい率の関係で延床面積を希望する広さで確保しにくくなってしまう場合もあります。注文住宅の工務店が紹介する土地物件は、工務店で新築するのが前提になっているほうが、親切に対応してもらえますし、適切に設計してもらえます。
土地探しは新築する工務店が決まっているほうが、的確なアドバイスも受けられるので、購入後のトラブルが少ないです。土地の地盤調査も、工務店の知り合いを紹介してもらえるので、手抜きなく対応してもらえます。二世帯住宅は大型住宅になりますから、地盤の強度も重要になります。土地と建物とを別々に購入するのは良いのですが、工務店が建築する一戸建ての重量に耐えられる強度かどうかは調査が必要です。二世帯住宅で入居する親世帯と、子供夫婦世帯との間で、ある程度の情報共有もしておきましょう。どのような住まいに仕上げたいのか家族間で情報共有していると、工務店と話し合いをしやすくなります。ガレージ付きの一戸建ては、建物面積に相当する土地に対する強度が重要なので、ガレージの部分は地盤強化しないでも構わなくなります。
施工スタイルによっては、同じ敷地の中でも地盤の強弱があっても良いので、優先的に建物が強くなるように配慮してもらいましょう。地盤を改良する必要のある土地は、安価で購入できる場合が多いので、地盤改良工事を施工できる工務店に紹介してもらうほうが、地盤改良と耐震強度を施工してもらえるので安心できます。心強い存在に依頼したほうが、二世帯住宅は両親も安心できます。

工務店向け集客ノウハウ|生命保険の口コミ.COM|クレジットカードの即日発行じゃけん|お家の見直ししま専科|健康マニアによる無病ライフ|お小遣いNET|貯蓄|JALカード|GetMoney|住宅リフォーム総合情報|英語上達の秘訣|英語上達の秘訣|女性の人生|初値予想|心の童話