おしゃれな人が増え、若い夫婦の間で人気なのが注文住宅です。材質等にこだわり、オリジナリティあふれる家を建てられるという事で人気なのです。
このような注文住宅を建てる場合、工務店に依頼する事になります。
メリットとしては、工務店の場合には仕様制限が無いので、狭小地や変形敷地でも建築可能という事です。
都心などでは土地が余っていないため非常に狭い土地だったり、形がいびつな土地となってしまうケースもあります。メーカーなどでは、建築が難しい土地でも工務店では可能となるのです。
そして小規模の工務店の場合、管理コストが安いので原価とまでは言いませんが、ある程度安く建てられるのです。
デメリットとしては、デザイナー力がピンからキリまでという事です。
それこそデザインにはそれ程気を配らない工務店から、デザイナー顔負けの工務店まで様々です。ですので、工務店選びの際には実際建築された家を確認し、自分好みの住宅イメージからかけ離れていないか確認する事が大切です。